最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ


2016年8月12日 (金)

子供とスペイン 【準備編】 編集中

 2016年7月29日(金)~8月8日(月) 小4、小6の子供と一緒にスペインへ行ってきました。
 その記録です。

【事前準備】

◎ 航空券を予約する

 ルートは決まっていない状態で
 夏休みの11日間、バルセロナイン、マドリッドアウトの航空券を予約する。

 中部国際空港(セントレア)からはフィンランド航空が毎日、ルフトハンザドイツ航空が週三便だったので、フィンランド航空に決定。


◎ 旅のルートを決める

 子供にとっては初めてのスペイン。
 るるぶを見て、行きたい場所を決めてもらう。

 行きたい場所の候補が上がった時点で、ルートを考える

 結果、

 バルセロナ→アンダルシア→マドリッド

◎ 予約する

 ホテル、観光名所、鉄道など予約できるものは予約していく。

 予約したところ
 ☆ ホテルすべて
 ☆ 観光名所(サグラダファミリア、カサ・バトリョ、カサ・ミラ、グエル公園、サン・パウ病院など)
 ☆ 鉄道 AVE(コルドバ→マドリッド)

2016年7月30日 (土)

飛行機酔いが治らない--バルセロナ(2日目)

飛行機酔いのまま就寝した息子。

朝起きても回復しておらず、

 立ち上がれない。
 歩けない。

水分も採れず、完全に脱水状態。

異国の地、わたしも娘も心配で心配で、
スペインに着いたばかりなのに、もうすでに後悔。

「ママがスペインに行こうって言ったばかりに、こんなことになっちゃってごめんね」

ホテルの部屋で三人で号泣。

そしたら、トイレも泣き出した!
水が止まらない・・・なんてこった。

本当は今日は朝イチでサグラダファミリアに行くつもりでタワーの見学も予約してあったけど、仕方ない。
今日の予定は全部キャンセルして、病院に行こう!!

会う予定だった知人に連絡して、現状を伝えると、すぐ来てくれるって!
ありがたい!!

そして、、、、
友だちがご主人と一緒に来てくれた・・・

小一時間の間に

息子、
奇跡の回復・・・

さっきまでの
もう死んじゃうんじゃないかというくらいの
あの息子はどこへ???

友だちが来てくれたころにはもう娘とキャッキャッ騒いでるし。

子供は本当にわからない。

とりあえず、万が一のために、海外旅行傷害保険には入りましょう。

2016年7月29日 (金)

バルセロナのホテル

バルセロナで泊まったホテル。

ホテル バルセロ・サンツ
Hotel Barceló Sants

16072902

 ↑ チェックイン時のホテルの部屋

バルセロナ市内観光。そして、近郊のタラゴナへの小旅行、アンダルシアへ移動する時の空港へのアクセスを考えて、サンツ駅真上のこのホテルを4泊、日本から予約。

 部屋はきれいで、設備も整っている。お風呂は湯船のないシャワーのみだけど、それで十分!
 フリーのWiFiもばっちり。

日本からバルセロナへ (1日目)

10:30 セントレア発
 (10時間10分)
14:40 ヘルシンキ着

 飛行機に乗って、5時間くらいたったところで、飛行機が揺れた。
 そこから息子の飛行機酔いが始まり・・・

 ヘルシンキの空港ではぐったり。
 飛行機の中でもらった青いビニール袋が手放せない。

16072901

17:25 ヘルシンキ発
 (4時間)
20:25 バルセロナ着

 バルセロナ行の飛行機の中でも嘔吐が止まらない。
 CAさんもすごく心配してくれるけど・・・どうにもならない。

 バルセロナの空港に到着しても嘔吐

 ホテルは交通の便のよいサンツ駅にとってあったので、電車で行ってもいいかな、と思っていたけど、さすがにこの状態ではむり!
 少し落ち着いたところで、タクシーでホテルへ。途中も嘔吐しないかドキドキ。

 夜9時すぎてもバルセロナ夜は明るかった。

 起きたら元気になってますようにと祈りながら就寝。


 ちなみに、日本との時差はヘルシンキは-6時間、バルセロナは-7時間。

DVD